アニメ

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?

「魔女の宅急便」は1989年にアニメ映画化され、ジブリの中でも今も尚、根強い人気がある作品。

キキが修行の為、相棒猫のジジと共に旅立ち、海のみえる街コリコで生活していくさなか、沢山の人間と関わりを持つことで、色々な事を経験し魔女として成長していく物語です。

劇中には、魔力が弱くなってほうきで空を飛べなくなったり、ジジと話せなくなってしまう事がありました。

どうして空も飛べなくなるぐらい魔力が弱くなったのでしょうか?

ジジとは最後まで話せない理由はなんだったのでしょうか?

っと気になる方も多いと思います。

よって今回は、「魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?」と題してお届けします。

 

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?

劇中では、「魔女は血で空を飛ぶ」と言われていました。

劇中にも風邪を引いて体調を崩すシーンがあり、体調を崩すと魔力も弱くなってしまうのかなっと思ったのですが…

体調が良くなっても魔力は一向に戻りませんでした。

なら一体何が原因なんでしょうか?

魔法を出せなくなってしまった考察はファンの間でも色々と考察されています。

沢山の考察を調べてみて、その中でも特になるほどな!っと思ったものを紹介していきたいと思います。

 

キキの魔力が弱くなったのは恋愛が原因?

そもそもどのタイミングで弱くなったのかを見てみると…

トンボとプロペラ付の自転車を二人乗りをするシーンの後にトンボが女友達と仲良さそうにしているのを見て嫉妬してしまいます。

その後、ほうきで空を飛べなくなったり、会話する事ができなくなります。

ここだけを見ると明らかに嫉妬したことが原因なのではないかと思ってしまいますよね!

ヤキモチをやいている事から恋をしていることがわかり、キキにとっては初めての感情だと思います。

今まで抱いたことのない感情、恋をした思春期の女の子に見られる心の変化がメンタルへの影響も強く、魔法のコントロールが不安定になってしまったのではないでしょうか?

このことから「恋愛」が関係していることが原因の一つかもしれませんね。

 

キキの魔力が弱くなったのは人間と関わりすぎた事が原因?

仕事をこなしていくうちに沢山の人間と関わりを持ち、人の感情というものを知っていきます。

今まで自由に空を飛んでいましたが、仕事として飛ぶうちに色んな感情を知った事、キキ自身も色んな感情を抱いていった事、どれも初めての体験だったと思います。

そういう感情をいっぺんに知ったことで、純粋な魔女の感情を失ったことにより弱まっていったのかもしれませんね。

 

キキの魔力が弱くなったのは初潮が原因?

年齢が13歳という事もあり初潮が原因ではないかと考察している人もいました。

そんなシーンがあったの?っと思う方もいるかもしれませんがちゃんと存在しております。

直接的なシーンはありませんが下記のような匂わせがあったんですよね…

  • こっそりトイレに行くシーン
  • トイレ後、ため息をつくシーン
  • ほうきで飛べなくなった時にお腹を痛そうにおさえるシーン

などよく見るとちゃんと初潮を匂わせるシーンが描かれているんですよね!

また、この考察が一番当たっていると思われる証拠もあり宮崎駿監督は、魔法が使えなくなった事をこう説明していました。

  • 女の子なら誰でもわかる理由
  • トンボと喧嘩した事が原因ではない
  • トンボに恋心を抱いたからではなく、あくまでも気の置けない友達関係である。

この一番目の「女の子なら誰でもわかる理由」という発言は、公共の場所では相応しくない言葉という事で濁した発言だと思われます。

監督本人の言葉でもありますし「初潮が原因」説が一番濃厚なんではないかと思いました。

 

魔女の宅急便でキキとジジが話せない理由は?

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?

二人が会話できない理由なんて「魔力が弱まったから話せないんでしょ!」っと思った方は多いと思いますが、それは違うと思います!

なぜそう思うのかと言いますと…

魔女の宅急便の最後のシーンでは、トンボの危機を見たキキが火事場の馬鹿力?で魔法が使えるようになりほうきで飛んでトンボを助けているのです!

その後ジジに話しかけるシーンがあるのですが、やはり会話はできないままでした。

あの一瞬だけ魔法が使えるようになったっとも考えにくいと思います。

このことから、二人が会話するのに魔力が関係していないと思うんですよね!

 

ジジが話せない理由は近所の白猫が原因?

二人が会話を出来なくなったのは、トンボに恋をし始めたころから始まりました。

その頃、ジジも近所に住むメスの「白猫リリー」に恋をしており、最終的には恋人?恋猫になっているんですよね!

今まで二人は幼いころからずっと一緒におり、お互いを理解しあい二人でひとつの様な存在だった思います。

そんな中、それぞれに自分の世界を見つけ始め歩むことで、二人でひとつという関係性が少しずつ崩れていったのかもしれません。

今まで当たり前に出来ていたことが、心の変化により出来なくなるということは、普通の人間にもよくあることだと思います。

またエンドロールには、ジジとリリーの子供だと思われる4匹の子猫の姿もみられ、ジジ自身が相棒、ペットではなく、普通の猫として生きていくことを選んだのかもしれませんね。

 

ジジが話せない理由はキキの妄想だった?

喋れない理由は謎のままだったのですが2022年4月29日の金曜日ロードショーの公式Twitterアカウントで鈴木敏夫プロデューサーの答えを代弁し驚きの事実が発覚しました!

その驚くべき内容とは…

「魔女の力が弱くなってしまったからではなく、キキ自身が新たな一歩を踏み出したからこそ、ジジがただの猫に戻ったということ」

「ただの相棒、ペットではなくもうひとりの自分です。だからジジとの会話っていうのは、自分自身との対話なんです。」

っというようなことをツイートしていました。

ちょっと奥が深すぎて理解するのに苦労しましたが、ようするにこれってキキの妄想ってことですよね?(笑)

こんなん誰がわかるねん!普通に考えて考察できんやろ!って思いました(笑)

ただこの発言にネットでは、納得していない人も多く存在しており…

その場合、「あの人(犬)が助けてくれたんだよ!」のシーンはどういう解釈になりますか?ジジのこれを聞いてからキキはその恩人(恩犬)に気付いたように見えるのですが …
じゃあ、猫のぬいぐるみを落とした時にぬいぐるみのふりしてくれたのは?会話できないとそんな事できないよね???

この様なコメントも多くあり、ファンだからこそすぐに矛盾に気が付いて皆さん凄いなっと思いひとつひとつ意見を見ていました。

こういう矛盾もあるので会話ができない理由は、まだまだ謎に包まれていますね~!

 

まとめ

魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?

ジブリ作品には、こういう細かい設定が多く存在しておりどの作品にでも考察している方々を多く見かけました。

何年たっても謎に包まれている部分があるのは、いろんなことを想像できて楽しいですし、いろんな考え方も見れてよりジブリ作品を好きになれました。

公式のヒントから、キキの魔力が弱くなった理由は分かりましたが、ジジが話せない理由はまだ矛盾も多く、このヒントからさらに考察が深まると思います。

今後どのような考察がされるのか私も楽しみです!

また、新たな考察が生まれた際には取り上げていきたいと思います。

それでは今回は、「魔女の宅急便でキキの魔力が弱くなったのはなぜ?ジジが話せない理由は?」と題してお届けしました。