シャドーハウス

シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!

シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!

シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!をお伝えします。

クリストファーは過去の星付きのリーダーでとても優秀なシャドーでした。

作中でも名前の登場はしており、現星付きの中にはクリストファーの名前を出すだけで怒り出す人もいます。

そんなクリストファーは自害したと作中で語られていますが、実は生きているのではないかと思います。

よって今回は、「シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!」と題してお届けしていきます。

 

シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!

クリストファーは歴代の星付きリーダーで彼らの時代は「栄光の世代」とまで言われておりとても優秀だったことが分かります。

クリストファーは星付きになってから、お披露目を迎える前に多くのシャドーが脱落していっている所に目をつけ新人教育に力を入れていきます。

この教育改革により子供たちもクリストファーを中心にまとまり、星付きに対してはみんなが憧れと尊敬を抱いていきました。

そんな子供たちの憧れであるクリストファーがなぜ自害してしまったのでしょうか?

クリストファーが自害するまでの流れを改めてみていきましょう!

 

生き人形アンソニーの洗脳をといた

シャドーハウスが珈琲で生き人形を洗脳している事を知っているマリーローズは、仲間を増やすためにアンソニーの洗脳を解きました。

新体制の星付きになったバーバラ達が「喜びの会」をやり始める前は、珈琲は週に一度、個々の部屋で食事と一緒に提供されていたので洗脳はいまより簡単に解けたのです。

アンソニーの洗脳を解いたことはクリストファーが掲げた「教育改革」の成功に繋がります。

元々能力が高かったが自身に欠けていたクリストファーをアンソニーが補佐したことが大きな活躍になりました。

影の主役はこのアンソニーだったのです。

 

お呼ばれに洗脳が必要であることが分かる

クリストファーの「お呼ばれ」が決まり、こどもたちの棟も今からますます忙しくなるぞと準備にとりかかるマリーローズの元に、お呼ばれさたはずのアンソニーが現れます。

アンソニーは洗脳なしでは絶対に受け入れられない重大な事実が「お呼ばれ」にある事を告げにきます。

その内容は

  • 「お呼ばれ」したシャドーと生き人形は「一体化」を強いられる
  • 「一体化」によりシャドーが生き人形の体を乗っ取る
  • これにより生き人形の意識は死に、シャドーが「顔」を持った状態となる

という事実が判明し、これを知ったクリストファーは「一体化」を拒むために自害してしまったとアンソニー言っています。

 

クリストファーは一体化している?

まず作中では、クリストファーが自害している事は確定しています。

ですが、アンソニーのその後の行動を見てもクリストファーと「一体化」して生きているのではないかと思います。

まずアンソニーの行動には不可解な点が多すぎます。

クリストファーが自害したと言っているのもアンソニー1人の証言なので事実かわかりませよね。

それにアンソニーはどうやって一体化の場所から逃げてこれたのでしょうか?

実はクリストファーとの「一体化」が成功しており、すす能力を使って脱出したのではないかと思っています。

他にも不可解に思う点はまだまだあり

  • 生身の人間がシャドーハウス内を潜伏し続ける事ができる?
  • すす管の上にどうやってすすを運んだ?
  • 脱出経路に食料をどうやって置いた?
  • ケイトの部屋からどうやって消えた?

どう考えてもすす能力を持たない人間には不可能ではないでしょうか。

クリストファーは「一体化」には成功しているが、アンソニーを殺した事に耐え切れず記憶の改ざんし、自分のことをアンソニーだと思い込んでいるのではないでしょうか?

 

シャドーハウスのアンソニーはその後どうなった?

クリストファーが自害した後は、現在のバーバラ率いる星付きの体制になっていきました。

そして生き人形であるアンソニーは今もなお生きており、シャドーハウスのどこかで生活しています。

クリストファー&アンソニーについてはまだまだ謎も多く、これから色々明らかになっていくと思います。

今現在の情報で考えられるアンソニーの目的について考察していきます。

 

アンソニーの目的は?

アンソニーの目的は、偉大なるおじい様や大人、全てのシャドーを殲滅しシャドーハウスそのものを潰すことだと思います。

元々、アンソニーとマリーローズは関わりがありましたが意見が合わないために協力関係ではありませんでした。

マリーローズが選んだ道は、シャドーと人間の共存であり、シャドーハウスの親玉、偉大なるおじい様を倒す事だった思います。

それと意見が合わないということは、アンソニーはシャドーとの共存は望んでいないのかもしれません。

 

アンソニーは仲間がいる?

ケイトの部屋に現れたアンソニーがシャドーハウスに対抗する仲間が他にもいるような匂わせをしておりました。

アンソニーはケイトの部屋から去る際に、「君が僕の【生徒】になってくれれば、こどもたちの棟を統率して館に対抗できる時が来るだろう」と口にしていました。

この言葉より、アンソニーはシャドーハウスに対抗する同士(生徒)を集めている事が分かりました。

ケイト達だけではなく、シャドーハウスに対抗する意思を持つものが沢山いるのかもしれませんね。

今後、二人が手を組むのかどうかが大きなカギになってきまそうですね。

 

まとめ

これまで、シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったかについて調査してきました。

クリストファーは残念ながら死亡しているのが現状ですがアンソニーとの「一体化」が成功していると思っています。

アンソニーは謎が多くまだ作中でも全然語られていません。

アンソニーについてはどこで生活しているのか、シャドーハウスから出入りできるのか気になる事が山積みですよね!

そして今後、アンソニーとケイト達が手を組むのかどうかも気になるところです。

それでは今回は、「シャドーハウスのクリストファーは自害したが生きている?その後どうなったか考察!」と題してお届けしました。