シャドーハウス

シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!

シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!

シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!をお伝えします。

シャドーハウスには、「こどもたちの棟」を直接管理する役割(リーダー)である「星付き」が存在します。

今回は、そんな星付きメンバーの中ですす量・すす能力から独断と偏見で誰が強いのかランキング形式で紹介していこうと思います。

それでは、「シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!」と題してお届けしていきます。

 

シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!

現在の星付きメンバーは

  1. バーバラ×バービー(星付きのリーダー)
  2. スザンナ×スージー(救護班の班長)
  3. ベンジャミン×ベン
  4. オリバー×オリー(研究班の班長)

の4人編成です。

過去の星付きメンバーを見ても4人編成なのでこどもたちの棟のリーダーは今後も4人編成であると思います。

今回は、この4人から独断と偏見で強さランキングを作ってみました。

それでは第1位から見ていきましょう!

 

強さランキング第1位:バーバラ×バービー

やはり第1位に輝いたのは、星付きメンバーのリーダーである「バーバラ×バービー」になります!

その理由は「すす量が桁違いに多い」ためです。

バーバラのすす量は、シャドーハウス全体で一日に供給される量の6割を占めています

これはバーバラ一人でシャドーハウスのメンバー全員分以上のすすを出している事になります。

ジョンやケイト、サラも豊富なすす量を持っていますがバーバラが桁違いなためまったく比較になりません。

すす量があまりにも多いという事だけでこどもたちの棟のリーダーを任されるほどです。

またすす量は、シャドーにとっての主戦力である「すす能力」の強さに直結しています。

残念ながらバーバラのすす能力については詳細不明ですが、過去にすすをコントロールできず暴走したことがあります。

その時は暴走を止めに入ったバービーごと吹き飛ばし館の壁を突き破っていました。

すす能力を使わずにこれだけの威力です・・・

バービーはすす能力を使う事を自ら封印しているのかもしれませんね。

もしバービーのすす能力が物理系ならばシャドーハウスを彼女ひとりで崩壊させることも簡単なのかもしれません(笑)

 

強さランキング第2位:ベンジャミン×ベン

第2位に輝いたのは、「ベンジャミン×ベン」です。

こどもたちの棟でもこれほどガタイの良い体つきをしている子供は他にはいません。

趣味と実益を兼ねた筋トレで得たパワーと元々のすす量の多さを考慮して第2位になりました。

ベンジャミンのすす量は、ケイトの推測によるとバーバラの次に多いとされています。

またベンジャミンのすす能力は精神系で、すすを吸った生き人形(対象)の感情を高揚させる能力です。

こどもたちの棟にいる生き人形全員を操れることや射程範囲を外れてもしばらくは作用している事からベンジャミンのすす量が多いことがわかります。

ちなみにベンジャミンは昔は、ヒョロヒョロでした(笑)

彼が筋トレを始めたのはバーバラ×バービーを気にかけて「彼女たちを守るため」という思いによるものです。

 

強さランキング第3位:オリバー×オリー

オリバー×オリーは決してすす量は多くなく、平均的なすす量の持ち主です。

ただオリバーは数々の発明品を開発しており、これが自身のすす能力と掛け合わせることで大きな力を得れる事に期待し第3位にしました。

彼は新人の頃に「すすと取りの間」を勝手に改造してしまう他、移動型すす回収機オリバー1号・2号を開発するなどの天才っぷりであります(笑)

残念ながらオリバーのすす能力についても詳細不明ですが、すす回収機に乗っていた時に「機械の操作にはオリバーのすす能力が必要」と言っていました。

またオリバーがケイトのすす能力をみて「ケイトのすす能力は器用だね」と言っていたことからジョンと同じようなパワータイプだと考察します。

動力部で何か力を与えてエネルギーに変えているではないでしょうか?

 

強さランキング第4位:スザンナ×スージー

スザンナ×スージーも決してすす量は多くなく、平均的なすす量の持ち主です。

オリバーもスザンナもすす量でいえば同じぐらいだと思われます。

彼女のすす能力は物理系であり、「触覚のあるすす膜を作る」ことが可能です。

この膜を人にまとわりつかせたり、通路に貼ってセンサー代わりにすることができます。

戦闘タイプというより諜報タイプのすす能力のため第4位の位置付けになりました。

 

シャドーハウスの歴代の星付きメンバーは?

シャドーハウス歴代の星付きメンバーについても紹介していきます!

星付きという制度は、昔から存在しているものでバーバラ達以前の代の星付きについても作中では描かれています。

今現在判明している歴代星付きは

  1. クリストファー×アンソニー
  2. エドワード
  3. アイリーン
  4. ジェラルド

の4人になります。

またクリストファー×アンソニー以外は、シャドーと生き人形の「一体化」が住んでおり「大人」として「おじい様と共にある棟」に住んでいます。

 

クリストファー×アンソニー

極めて優秀な星付きが多く、この頃の星付きは「最高の世代」と言われています。

クリストファー×アンソニーは、この最高の世代の星付きのリーダーです。

クリストファーは星付きのリーダーになってから「新人教育」に力を入れていきました。

現在のように子供に教育が行き届いておらず、お披露目を迎える前に脱落する子供が多かった為にこのような行動にでたのです。

星付きを中心に学業やスポーツ、芸術などに優れた者を「教師」とし、新人教育に力を入れていったのです。

彼の功績は素晴らしく、シャドーハウスの子供たちにとって憧れの存在になりました。

クリストファーのすす量やすす能力の詳細は不明で現在は、一体化の事実をしりクリストファーは自害しています。

生き人形であるアンソニーは裏でシャドーハウスを潰す計画を立てているようですが詳しいことは分かっていません。

 

エドワード

クリストファーの教育方針の元、識字と音楽に優れていたので教師として子供たちに教えていました。

大人になってからは、偉大なるおじい様のそばに近づける様に施策を巡らしています。

ケイト達のお披露目会の時には、「試験管」としておじい様に貢献したことからこどもたちの棟の「管理権限」を与えられるなど順調に出世しています。

エドワードのすす能力は、「すすで空気を振動させる」というもので鼓膜を振動させ動きを止めるなどの能力が描かれています。

すす量も大人になると大幅に増えるようなのでバーバラを除く子供たちより多いと考察します。

 

アイリーン

エドワードと同期で「共におじい様と共にある棟」の2階まで上り詰めています。

アイリーンのすす能力は、「すすバト」と呼ばれるすすで作ったハトを飛ばせることができます。

このすすバトを遠くにいる相手に飛ばすことで文字による伝言ができます。

地面などにすすバトが破裂してデカデカと文字を刻み相手に伝言ができるのですが、わりとでかい音がすることとすすバト事態も目立つことから隠密行動には全く向いてないと思います(笑)

またアイリーンは容姿に似合わず口が凄く悪いです(笑)

 

ジェラルド

ジェラルドもエドワード・アイリーンと同じく同期で「おじい様と共にある棟」の2階に住んでいます。

すす能力に関しては詳しく分かっていませんが、お披露目会の時に駒をすすで遠隔操作していました。

ケイトやマリーローズにすこし近い能力かもしれません。

またジェラルドは、研究班に所属していたこともわかっています。

オリバーがすす取りの間を勝手に改造した時のシーンにオリバーを止めに入るジェラルドが写っていることから研究班の班長だったのではないかと言われています。

 

まとめ

これまで、シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!をお伝えしてきました。

ランキングはあくまでも独断と偏見でよるものですし、まだまだ情報が足りていないので何か新たな情報が解禁され次第変動すると思います。

個人的には、バーバラのすす能力が一番気になり、すすをコントロールすることができれば誰もバーバラに逆らう事ができないのではないかと思います。

それでは今回は、「シャドーハウスの星付きメンバーの強さランキング!すす量・すす能力から考察!」と題してお届けしました。