シャドーハウス

シャドーハウス147話ネタバレ確定!星付きの会議の結果はギルバートの処分?

シャドーハウス147話ネタバレ最新話確定速報!星付きの会議の結果はギルバートの処分?

2022年10月27日(木)発売のヤングジャンプ(2022年46号)に掲載しているシャドーハウス147話のネタバレ確定をお届けします。

前回のシャドーハウスでは、ギルバートが一人ですべてを背負い込んでいたことがわかりました。

良かれとおもってやったことはスザンナへの嫉妬心からくるものだと分かったギルバート。

前代未聞の事件をどう星付きたちが対処するのか気になるところで終わりました。

それではシャドーハウス147話以降で考えられる展開考察と、147話のネタバレお伝えしていきます。

では早速、「シャドーハウス147話ネタバレ確定!星付きの会議の結果はギルバートの処分?」と題して進めていきましょう!

 

シャドーハウス147話ネタバレの考察

シャドーハウス147話では、星付き会議の描写から始まります。

それらの事を踏まえてシャドーハウス147話以降で考えられる展開を考察していきます。

ここからはシャドーハウス147話までのネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

シャドーハウス147話ネタバレの考察|スザンナがギルバートを救済する?

エヴリンとギルバートの話を盗み聞きしていたスザンナの動きには注目です!

救護班への想いをしったスザンナはギルバートの方を持つかもしれませんね。

それでなくてもギルバートのことをもっとも信頼しており、自分より優れていると評価もしていますし、事件の原因が自分にあると言いかねないですね。

星付き会議ではどのような決断が下されるの楽しみですね!

ギルバートもそうですが、救護班全員が納得のいく形で収まる事を信じたいです。

 

シャドーハウス147話ネタバレの考察|ギルバートがすす管送りへ

これだけの事件を起こして、更には星付きを引きずり落とそうと考えていたギルバートはすす管送りになる可能性が高いですね。

ただギルバートがすす管送りになったところで自身のすす能力を使えばなんのダメージを負わなさそうです。

すす管送り以上の罰となると大人への報告でしょうか。

今回の一件、星付きたちがどう処分するのか注目ですね

>>星付きメンバーの強さランキングはコチラ

 

シャドーハウス147話ネタバレの考察|感想や考察ツイート

シャドーハウスを読んだ人の感想・考察のツイートをまとめました。

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定!

シャドーハウス147話の内容が判明しましたのでネタバレ確定としてお伝えします。

ここからはシャドーハウス147話までのネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定|星付き会議が終わるのを待つケイト

シャドーハウス147話は、ケイトとエミリコが星付き会議の終わりを中庭で待つシーンから始まりました。

事件が一件落着したことでこどもたちの棟にエドワードの密偵が潜んでいることをバーバラに相談できそうです。

しかしケイトは今回のギルバードの処遇次第では報告するかどうか迷っていました。

大人のことを詮索するのはシャドーハウスにおいてやってはいけないことです。

ギルバードの処遇が従来通りの処分なら、大人について踏み込みすぎるのは危険ということですね。

そしてそんな会話を繰り広げるケイトとエミリコにオリバーとオリーが現れます。

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定|ギルバートの処遇が決まる!

星付き会議が終わってケイト達の前に現れたオリバーとオリーはギルバートの処遇について語りました。

「ギルバートは処分を免れたよ」

これまでの星付き、特にバーバラの傾向からすると驚くべき結果です!

大人への報告は最小限に留め、決闘によるサロンの器物損壊罪だけになり、しばらくは懲罰房行きになりました。

無罪にはなりませんでしたがそれでも星付きの判断が変わってきたのは確実であるため、ケイトとエミリコはバーバラに報告することを決意します。

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定|バーバラに報告をする

バーバラの部屋を訪れたケイトは早速、こどもたちの棟に星付きを通さずにこどもと連絡をとっている大人がいると伝えます。

以前、サラの部屋に鳥のようなすす能力を送り込んでいるのを目撃したと報告するとバーバラもすぐにアイリーンの能力だと分かり、裏でこどもと繋がっているのがエドワードと気がつきます。

早速に対策を講じるように説得するケイトですが、バーバラはそれができない様子です。

なぜなら、

  • 今までも何もしなかったわけではないが大人とこどもでは力の差がありすぎること
  • こどもたちの棟を良くしようと色々やってきたが何も成し遂げれなかったこと
  • それどころか状況が悪化していったこと

などと語りバーバラは自虐モードへと入っていきます。

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定|バーバラの自虐モードが止まらない

自虐モードに入ったバーバラは、

「私はもう何もしない方が良いのです」

と言いながら膨大なすすが出始めています。

そんなバーバラにケイトは、今回のギルバートの件で許した判断をしたことは大きな変化であり、ルールに従うだけでなく自分で考えて下した決定なのだから努力を続けていると励ましの言葉をかけます。

しかしバーバラはその判断をしたのはスザンナであり、スザンナは自分が星付きを辞めてでもギルバートの処分を食い止めようとしたこと語ります。

そんなスザンナをみてバーバラは、星付きのみんなだけでも守ると決めていたのに結局、星付きすらも苦しめる結果になったと自虐モードがさらに激化しています…

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定|手を差し伸べるケイト

どんどん激化する自虐モードですがケイトはそれでも食い下がりません!

  • オリバーは星付きに選ばれて救われたこと
  • ケイトが勝手な行動が出来るのはバーバラが評価してくれたから
  • こどもたちの棟にはバーバラの存在が必要

だと伝え最後に

「一緒に大人に立ち向かいましょう」

と手を差し伸べました。

しかしこの行動はバーバラにとって逆効果に…

かつての親友であるマリーローズも「一緒に大人になろう」と手を差し伸ばしてくれましたが上手くいきませんでした。

ケイトとマリーローズの姿がダブってしまい、過去の深いトラウマが蘇る形になってしまいます。

そしてバーバラはケイトの手をはじき替えし膨大なすすを出しながら「今すぐ立ち去りなさい!」と激怒するのです。

シャドーハウス147話はこの場面で終了となりました。

>>次回のシャドーハウスのネタバレはコチラ

 

シャドーハウス147話ネタバレ確定!まとめ

これまで、シャドーハウス147話ネタバレ確定!星付きの会議の結果はギルバートの処分?のテーマでお伝えしてきました。

果たしてギルバートの処分はどうなってしまうのでしょうか。

すす官送りだとギルバート能力を使えば余裕そうなのでやはり大人に報告して処分しか…

スザンナが盗み聞きしていたので、もしかしたら罪を軽くしようと動くかもしれませんね。

これはますますシャドーハウス147話以降の展開からも目がはなせませんね!

それでは今回は、「シャドーハウス147話ネタバレ確定!星付きの会議の結果はギルバートの処分?」と題してお届けしました。