エンタメ

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?

1966年から2022年現在まで人々に愛され続けたSF特撮テレビドラマ、「ウルトラマン」が庵野秀明により、現在の時代に置きかえ新たに映画「シンウルトラマン」として2022年5月13日(金)に全国公開されます。

庵野秀明は、一世を風靡した「新世紀エヴァンゲリオン」の監督であり、2021年に全国公開された、「シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版」では、興行収入100億円を超える記録を出しています。

庵野秀明が監督・脚本を手掛ける「シンウルトラマン」にもかなりの注目が集まっており楽しみしている方も多いのではないでしょうか?

上映公開前からファンの中では、登場する敵、怪獣の予想ネタバレをしている方が多く見られ賑わっているのがよくわかりました!

個人的には、初代ウルトラマンのラスボスである、ゼットンの登場があるのかすごく気になっています!!

よって今回は、「シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?」と題してお届けします。

 

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?

庵野秀明監督はもともとDAICON FILM版「帰ってきたウルトラマン」の総監督を務めていました。

通常のウルトラマンでは、人間<怪獣<ウルトラマンという構図ですが、DAICON FILM版ウルトラマンでは、怪獣<ウルトラマン<人間という構図になっています。

なぜ人間が一番上に来ているかというと、人間=核兵器であり、核兵器を使えば怪獣にも勝ててしまうということから人間が一番になっています!

人間はウルトラマンより強い存在になっているのですが、核兵器を使用してしまうと放射線の影響により日本に人が住めない環境になってしまいますよね。

よってDAICON FILM版のウルトラマンは核兵器を使わせない為のヒーローとなっております。

今回の「シンウルトラマン」にもこの構図が当てはまる可能性があり、すでに公開されている特報予告でも核兵器の匂わせを感じるシーンが沢山でています。

それでは詳しく見ていきましょう!

 

ネロンガとガボラの共通点から怪獣予想

特報予告1の映像では、「透明怪獣ネロンガ」と「ウラン怪獣ガボラ」の姿が見えました。

「透明怪獣ネロンガ」は、電気を吸収する透明怪獣です。

かつて江戸時代にも出現した記録が残されており、当時は武士により退治されたがしぶとく現在まで生存したという設定になっています。

のちに付近に発電所が建てられケーブルから電気を吸収するうちに怪獣化しました。

普段は、透明化しており、電気を吸収する際に透明化が解除されるといった怪獣になっています。

「ウラン怪獣ガボラ」は、ウランを食べる怪獣です。

ウランを求めて地底を掘り進み、ウランを食べる際には、放射線を周囲に放ちます。

また、攻撃も口から放射線を放つ、放射光線を持った怪獣になっています。

この両怪獣をみて、何かきずく部分はありませんか?

両怪獣とも、発電所やウランといった単語があり、原子力発電所や核を連想させるような怪獣のチョイスになっているんですよね!!

まさに庵野秀明監督が手掛けたDAICON FILM版「帰ってきたウルトラマン」の内容の匂わせを感じませんか!?

このことから次に登場する、怪獣も核関連の怪獣がでてくるのではないでしょうか?

また、この両怪獣には他の共通点もあり、スーツの改造元が一緒なんです。

元を辿っていくと「バラゴン」というゴジラに登場した怪獣であり、それをベースに改造しできた「パゴス」というウルトラQに登場した怪獣になり、またそれをベースに改造した、「ネロンガ」になり、次は「マグラー」となり、最後に「ガボラ」になりました。

ネロンガから初代ウルトランの作品に登場した怪獣になるので、もしかすると「マグラー」が出現するのではないでしょうか!?

 

メフィラス星人から怪獣予想

特報予告3の映像から「メフィラス星人」と「ザラブ星人」の姿が見えました。

怪獣とは違いますが、初代ウルトラマンの敵キャラであり、シンウルトラマンでは、この敵の事を「外星人」と呼んでいます。

この外星人とは、地球外より現れた知性を持った存在と説明されています。

ようは初代ウルトラマンでいう宇宙人、異星人みたいものだと思います。

メフィラス星人は、武力による地球征服ではなく、心を誘惑して、心から地球を奪おうとする悪質宇宙人です。

人間から「地球をあげます」と言うように要求してくる星人です。

このメフィラス星人は、多数の凶悪宇宙人のボス的存在であり「バルタン星人」「ケムール人」「ザラブ星人」は自分の配下でいつでも出せると言っています。

このことから、バルタン星人やケムール人がでてきてもおかしくないと思います。

ザラブ星人は、他の文明を滅ぼすことを目的とする星人であり、人の心を操り、支配しようとし地球を奪おうとします。

さらにザラブ星人は、「ニセ・ウルトラマン」となり、町を破壊し人間からウルトラマンの信用を失わせて地球を奪おうとしていました。

シンウルトラマンにも、ニセ・ウルトラマンが出てくるかもしれませんね!

庵野秀明監督はこの「ザラブ星人」が好きと言っているので登場には十分期待はできると思います。

 

シンウルトラマンの敵はゼットンが登場?

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?
公式twitterより「公開まであと3ヶ月」として時計の画像がアップされました。

このアップされた時計の画像が、ウルトラマンファンの間で話題になりました。

どうやらこの時計の時間が登場する怪獣を匂わせているようなのです!

それでは詳しく見てみましょう。

 

シンウルトラマンの公式Twitterがゼットン登場を匂わせ?

公式twitterよりアップされた時計の画像をよく見ると時刻9時39分を指しています。

この時刻9時39分というのは、ウルトラマンの最終回において、科学特捜隊が「ゼットン」との戦いに出撃する時刻なんだそうです!

気がついた人スゴイですよね(笑)

それだけではなく、ゼットンには、先ほど出てきた「ケムール人」にも繋がりがあります。

ネロンガとガボラ同様に、ケムール人のスーツを改造したのがゼットンになっているのです。

このことから、ゼットン星人が出てくることは濃厚なんではないでしょうか!

初代ウルトラマンでも人気を誇るゼットンがでてくると盛り上がりは一層増しそうですよね!

どのような戦いが繰り広げられるのか今からワクワクしており、ゼットンがでてくることに期待しております^^

 

まとめ

シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?

スーツの改造元からだけでも敵、怪獣の予想ができるので、シンウルトラマンには、どの怪獣がでてきてもおかしくないと思います。

個人的には、ゼットンの登場は激アツでワクワクしております!

怪獣予想ネタバレを考察するのも楽しかったですが、庵野秀明監督が今の3D技術を使いどのようなストーリーを描くのかとても楽しみになりました。

庵野秀明監督が手掛ける「シン」シリーズには、他に「シン・ゴジラ」「シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版」があり、どことなく似た繋がりがあります。

シンゴジラでは、ゴジラが進化していく様を描き、核兵器を持って倒すのかどうか!?という展開になっていました。

私が今回考察した内容も、シンゴジラとどことなく似てる部分を感じました。

こういうシリーズとして繋がっていくのは考察していて楽しい部分ですね。

これからもどんどん「シン」シリーズが増えていくかもしれません。

まだ、特報予告もあるかもしれないので要チェックですね!

以上「シンウルトラマンの怪獣予想ネタバレ!敵はゼットン?」と題してお届けしました!