弱虫ペダル

弱虫ペダル709話ネタバレ確定!ロクちゃんと木中のアツい対決の結果は?

弱虫ペダル709話ネタバレ最新話確定速報!ロクちゃんと木中のアツい対決の結果は?

2022年11月24日(木)発売の週刊少年チャンピオン(2022年52号)に掲載している弱虫ペダル709話ネタバレ確定をお届けします。

前回の弱虫ペダルでは、ゴールを間近にロクちゃんと木中がアツく激しい競争が行われました。

ふらふらになりながらも、限界を押し切って木中を追い抜こうとするロクちゃん。

木中も優勝を目指して足をゆるめることなく坂を駆け上がっていきます。

木中がトップを守る中で、ロクちゃんの身体は限界へと近づいていき、ハンドルを握る手が震え出す…。

身体が悲鳴を上げていても、ロクちゃんの闘志は燃え続けていました。

ケイちゃんがロクちゃんに言った言葉。

そして、「往く」という選択を応援してくれるケイちゃんの想いに応えるべく、木中を抜くことを諦めません。

最後の力を振り絞ってキアを一段階あげてラストスパートへと挑むロクちゃん。

果たしてロクちゃんと木中の決着は…!?

今回は、弱虫ペダル709話以降で起こるであろう展開の考察とネタバレをお伝えしていきます。

それでは早速、「弱虫ペダル709話ネタバレ確定!ロクちゃんと木中のアツい対決の結果は?」と題して進めていきましょう。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのか、次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開をいくつかご紹介していきます。

弱虫ペダル708話までのネタバレも含まれているので、まだ読んでいない人はご注意ください。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|ロクちゃんまさかの…!?

ロクちゃんと木中との決着が間近に迫っています。

着々と山頂へと近づいていく中で残り100mとなり、ロクちゃんはラストスパートに向けてギアを上げ最後の力を振り絞って勝負に挑みます。

ロクちゃんの目的は木中を追い抜くこと。

しかし、最後まで走り切るつもりはないだろうと、木中は作中でも言っていますが、ロクちゃんの急成長は経験者である木中を追い越してしまうのか!?

誰もが無理だと思っているような展開からまさかのどんでん返しを期待してしまいます。

ロクちゃんと同じように木中もここまで頑張って練習を積み重ねてきました。

木中を抜いてロクちゃんは山頂をとることが出来るのか!?

どんな結果が待っていたとしても、ロクちゃんにとっても木中にとっても納得のいく結果に終わってほしいですね。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|それぞれ別々の道へ

「往く」ことを決めたロクちゃんは、これまで一緒にいたケイちゃんや恭ちゃんとは別々の道を歩むことになります。

決別するわけではなく、ケイちゃんはロクちゃんの気持ちを受け入れると言ってくれました。

このレースが終わった後はそれぞれ別々の道を進むことになるのではないかと思います。

ケイちゃんと恭ちゃんはロクちゃんを勝利に導くために入部したので、もし今回ロクちゃんが勝利したら、ケイちゃんや恭ちゃんは退部するかもしれません。

でももし、ロクちゃんの集中力が体力の限界に負けてしまう結末だったとしたら…。

ロクちゃんは2人の気持ちに応えることが出来るのでしょうか。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|ロクちゃんが覚醒!?

木中との勝負に決着がつこうとしている中、未だに木中はロクちゃんに負けず先頭を守っています。

ロクちゃんの脚質がクライマーだと判明し、このレースの中で急成長を遂げました。

木中を抜き、勝利を手にしたいロクちゃん。

ラストスパートで最後の力を振りしぼるロクちゃんの意志の強さによって、ロクちゃん自身に覚醒が起きることも…!?

ここまでの中で、ロクちゃんのメンタルの強さを感じることが出来たと思います。

体力がメンタルの強さに勝つことが出来るのか…。

優勝してほしい事はもちろんですが、このレースでロクちゃんが急激な成長を遂げたのは間違いありませんね。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|総北の坂道ポジション!?

ロクちゃんと木中の激しい戦いも終盤を迎えようとしています。

木中を抜いて優勝を狙う事しか頭の中にはないロクちゃん。

しかし、ロクちゃんの強い想いとは裏腹に、体力はもう限界…。

あと少しと言うところでリタイアしてしまうのでは…とも考えられます。

坂道はそんなロクちゃんの走りを見て自分が1年の時と重ねるのでしょうか。

もう一度走りたいと言う思いは大切にしつつも、必ずしも優勝しなければいけないといった執着を持たない坂道。

ロクちゃんも優勝にはこだわっていない様子ではありますが…。

次の総北の坂道ポジションとしてロクちゃんが選ばれるのか?

それともポジションに革命が起きるのか!?

総北にも変化が起こる予感もします。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|山頂のゴール寸前でリタイア!?

これまでロクちゃんは、レースでいい結果を出すために筋トレと一緒に裏門坂を登っていました。

ロクちゃんの中心が全くブレない走りができている点を見ると、もしかしてまだ何か秘めた力を持っているのかな?

もしそうだとしても、ロクちゃんは自分の力をコントロールすることが出来ずに、ゴール寸前で意識を失ってリタイアする展開も考えられます。

次回はどちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか…。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|段竹とロクちゃんのバトル!

木中とロクちゃんがアツい戦いをしている中でもう一人気になる相手が!

ロクちゃんが思わぬ進化を遂げたところで彼の存在に一番脅かされている人物と言えば、段竹の存在だと思います。

峰ヶ山レースでクライマーとして開花した段竹にとって、坂道の後継者候補が自分だけではないかも…と思った時には焦りが出てきてもおかしくないですよね。

坂道の後継者はどのように決まるのでしょうか。

後継者を決めるためにロクちゃんと段竹とのバトルが繰り広げられるのか!?

ロクちゃんの進化に影響されて段竹もさらに力がつく可能性も考えられます。

そして、ロクちゃんも実践をしていく中でさらなる成長を遂げるかもしれませんね。

弱虫ペダルの面白いところは、バトルシーンももちろんなのですが、バトルをすることによってお互いに成長し、周りへの影響力も大きいところだと言うのを感じられますね。

木中とロクちゃんのバトルがすごくアツく繰り広げられていますが、段竹とロクちゃんのバトルもさらにアツく繰り広げられるのではないかと思います。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|台風の目になる2人

木中とロクちゃんのバトルが繰り広げられ、現段階では彼らに注目されていますが、次のインハイで注目されるだろう高田城と悠人のコンビにも注目です。

この2人と言えば、峰ヶ山で登場した新しいキャラ。

高田城もロクちゃんと同じクライマーとして登場しましたね。

高田城の活躍も気になりましたが、まさかにアシストに回るのは予想外な展開でもありました。

次のインハイではこの2人のコンビは中心人物として何かを巻き起こしそうな予感がします。

そして、キーマンとして悠人を選んだ真波の今後についても目が離せません。

真波は今後どんなポジションで登場するのでしょうか…。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|1年生の中でインハイに出場できるのは誰!?

今回のレースで1年性はインハイ出場を目標にみんなは頑張っていますよね。

インハイの出場権をGETするためにはレースで優勝を勝ち取らなければいけません。

木中を始め、ロクちゃんもインハイの出場権を狙っていますが、今回では1年生でインハイに出場するメンバーは誰なのかについても気になりますね。

ケイちゃんや恭ちゃんはインハイには興味なさそうなので、候補からは外してもいいかと思います。

ロクちゃんなのか木中なのか…インハイの出場権を誰がゲットすることが出来るのか、今後の展開に注目!

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|兄との約束は数年後!?

ロクちゃんの飛躍が注目されていますが、勝利をつかみたい気持ちは木中も同じです。

幼い頃に自転車を教えてくれたお兄さんに、自分が成長した姿を見せることを約束したのです。

このレースで勝利をつかむことで、その約束を果たす1歩を踏み出すことが出来るんですね。

しかし、もし勝利をつかむことが出来なかったとしてもお兄さんとの約束を果たせなくなるという事はありません。

自転車に乗り続けている限り、チャンスが後2回訪れます。

その中のどちらかでお兄さんとの約束を守ることが出来るのではないかと思われます。

先輩を追い抜いて勝利を手にするのか、それとも自分が先輩になった時に勝利を手にすることが出来るのか…。

今回のレースの勝敗はまだ分からないので、もしかしたら…可能性も考えられますよね。

どのタイミングで訪れるのかは分かりませんが、木中が約束を果たすことが出来る展開が楽しみですね。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|木中の気になる脚質は!?

大きく成長を遂げ、脚質がクライマーであることが判明したロクちゃんは、頑張って先頭を走る木中を追い抜こうとしています。

木中も負けじと先頭を守っていますね。

実力も本気度もしっかりと伝わり、ロクちゃんにとっても強敵な木中ですが、ここでひとつ気になることが…。

実はまだ、木中の脚質については謎に包まれていますね。

木中の脚質はオールランダーなのかなと予想しています。

ロクちゃんがクライマーだと判明したので、立て続けに何人もクライマーが現れるのか?とも思います。

木中の脚質も今後の展開への見どころになりますね。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|箱学のキーマンは!?

新エースがまさかの悠人に!?

真波の機転により託された悠人でしたが、この予想は誰も的中させることが出来なかったようです。

分析能力に優れていた今泉でさえも予想できなかった出来事だったようですね。

今年のインハイで勝敗を分けるキーマンは悠人!?

だとすると、悠人にとっては大きなプレッシャーでもあり、自分を成長させるためのチャンスにもなりますね。

予想外の展開が起こるのは個人的に好きです!

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|今泉の分析能力がすごい!?

自連者の実力が注目されていますが、すごいのは運動能力だけではありません。

勝利するためには相手を見極める分析能力もはずせません。

分析能力と言えば、今泉が1年生レースのスタートからほぼ的中した読みをしていますね。

分析がほぼ的中する人はそうそういないと思います。

取り残されたロクちゃんの後ろから、2人が追い上げてくることも今泉は分析していました。

実際に先頭集団に追いついてくるかに関しては確実とまでは言えませんでしたが、その可能性の高さを分析することが出来たのではないでしょうか。

また今回もロクちゃんはまだ諦めていない目をしていることも言い当てていました。

分析能力も勝利をつかむためにはすごく大事な武器となります。

今泉の分析能力によって今後の展開がさらに変わっていくこともあるかもしれませんね。

 

弱虫ペダル709話ネタバレの考察|感想や考察ツイート

弱虫ペダルを読んだ人の感想・考察のツイートの一部を紹介していきます。

 

弱虫ペダル709話ネタバレ確定!

弱虫ペダル709話の内容が判明しましたのでネタバレ確定とお伝えしていきます。

ここからは弱虫ペダル709話までのネタバレを含みますのでご注意下さい。

 

弱虫ペダル709話ネタバレ確定|最後の追い上げ!?

ゴールまであともうすぐと言うところで、ロクちゃんがギアを上げ、最後の力を振り絞ります。

振り絞った最後の力で、木中と並ぶロクちゃん。

山の頂上はもう間近!残り100mというところで、両者ゴールを譲りません。

ロクちゃんが木中と並んだことで、バンの中の坂道たちが盛り上がります。

また、ロクちゃんに差をつけられたことで焦りを見せる段竹は叫びました。

木中がずっと先頭を守っていましたが、ここに来てロクちゃんと並んでしまう展開は、木中自身も予想外な展開なのではないでしょうか。

 

弱虫ペダル709話ネタバレ確定|お互いに譲れない!

ずっと先頭を守っていた木中でしたが、ロクちゃんと並んだことでかなり動揺しています。

絶対に負けられない!

そう思いながらありったけの力を振り絞って勝負に挑んでいるロクちゃんですが、負けられない気持ちは木中も同じでした。

木中には兄との約束を守ると言う目的があったのです。

目的を果たすためには勝たなければいけません。

そこで木中は「真っ次直ストレート」の再臨によって新たに加速します。

本気を出していると思われていた木中の予想外なパワーに、さっきまで応援していたバンの中がどよめき始めました。

ここでもう一段階加速した木中にバンの中がどよめきます。

「真っ次直ストレート」の再臨がここで行われるんだろうと誰が予想していたことでしょうか…。

ロクちゃんも木中の繰り広げられる「真っ次直ストレート」の再臨にゾクッとしてしまうのでした。

 

弱虫ペダル709話ネタバレ確定|ついにゴールへ…

木中の奥の手にゾクッとしながらも、それでも負けていられないロクちゃん。

それでも離されることなくくらいついていきます。

残りあとわずか20m…

ロクちゃんは、心の中でケイちゃんと恭ちゃんにお礼を言いました。

そして、2人の気持ちを無駄にしないようにと、「往くね」と呟き…。

”最後の一踏み”で先にゴールをしたのは…何とロクちゃん!

ロクちゃんは両手を広げ、まっすぐに前を見据えてゴールを迎えました。

木中を抜いて勝利を手にしたロクちゃんは両手を広げてまっすぐ前を見てゴールへと近づいていきます。

未経験だったロクちゃんに抜かされる木中。

また、ロクちゃんが勝利を手にしたことで、インハイメンバー入りはどうなるのか…!?

気になるところで弱虫ペダル709話は次回へと続きます。

>>次回の弱虫ペダルネタバレはこちら

 

弱虫ペダル709話ネタバレ確定!まとめ

これまで、「弱虫ペダル709話ネタバレ確定!ロクちゃんと木中のアツい対決の結果は?」のテーマでお伝えしてきました。

ケイちゃんがロクちゃんに伝えた言葉が明らかになりましたね。

そして、その言葉はロクちゃんにとって今後の自身の運命を大きく突き動かすものにもなりました。

弱虫ペダル709話以降では、ロクちゃんと木中のバトルの決着が明らかになっていく様子。

「往く」か「留まる」かの2択のどちらを取っても受け止めると言うケイちゃんの言葉はロクちゃんにとって精神的な支えとして、そして、前へ進むための活力にもなっています。

アツいバトルの中にも感動的な友情があったりと、いろいろな視点から楽しむことが出来ます。

山頂まで100mをきったところでギアを1段あげ、残りの力を振り絞るロクちゃん。

次回ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

弱虫ペダル709話以降からもまだまだ目が離せません!

それでは今回は、「弱虫ペダル709話ネタバレ確定!ロクちゃんと木中のアツい対決の結果は?」と題してお届けしました。