本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!えりちゃん登場!爆豪たちが再び戦闘へ!

ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!えりちゃん登場!爆豪たちが再び戦闘へ!

2024年3月11日(月)発売の週刊ジャンプ(15号)に掲載されているヒロアカ416話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のヒロアカでは、デクが再びOFAの譲渡を試みました。

2代目の精神侵入によってダメージを受けた死柄木。

その様子を見て、ほかの先代後継者たちも続こうとします。

しかし譲渡を拒む死柄木にはじき返されてしまった後継者達。

辛うじて6代目だけが譲渡されるのでした。

デクと死柄木の記憶の交錯が加速する中、少年の記憶がデクに流れ込みます。

そして場面が変わり、天空の棺の状況が描かれました。

落下の危機にさらされていましたが、発目たちによって水辺への不時着に成功します。

そこには人命救助を行うジェントルの姿もありました。

死柄木とデクの白熱した戦いは避難所のモニターに大きく映し出され、その状況に息をのむ市民。

その中にえりちゃんの姿がありました。

彼女は涙を浮かべエクトプラズムの制止を振り切り、どこかへ走り出します。

果たしてえりちゃんが向かう先には何があるのでしょうか。

それでは今回は「ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!えりちゃん登場!爆豪たちが再び戦闘へ!」と題してお届けしていきます。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察

ヒロアカ416話以降で起こるであろう展開を考察していきます。

ここからはヒロアカ416話以降までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|エリちゃんによる戦闘復帰

えりちゃんが再登場したことにより、個性を使用しての戦闘不能となったヒーローの回復が考えらるのではないでしょうか。

以前よりは自分の個性を制御できるようになっているえりちゃん。

それによってミリオも消失した個性を取り戻して戦闘に参加していました。

えりちゃん自身、力になりたいという想いが強い女の子です。

彼女の個性によって巻き戻りが施されれば、轟や爆豪などのキャラが再び戦いに参戦してくる可能性があります。

これから来るかもしれないデクの最大ピンチに駆けつける展開も期待できるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|駆動の作戦の行方

いよいよ実行された最終手段ともいうべき作戦。

今後の展開として考えられるのは、

  1. OFAをぶつけ傷をこじ開けることに成功、”少年”に干渉する。
  2. 駆動も完全に死柄木に奪われる。反動が死柄木に移ることで弱体。

この2つなのではないでしょうか。

無事に”少年”への干渉が実行されれば、死柄木の弱体に直結すると思われます。

しかし、”変速”も奪われてしまった場合、現在デクを苦しめる個性の反動が死柄木に移ると駆動は話しています。

そのため瞬間的に死柄木の弱体が可能です。

ただ回復が早い可能性もあるため、間髪入れず次のOFAをぶつける必要が出てくるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|先代の個性が次々と奪われる?

先代の個性の一つを奪われてしまったデク。

死柄木はオール・フォー・ワンを苦しめた個性たちに執着はないとしながらも、デクを壊せるならいいと笑みを浮かべています。

先代たちの会話からも防ぎようのない強奪だったことから、さらにデクの個性が奪われる展開があるのではないでしょうか。

まだまだ覚醒の勢いが衰えない死柄木です。

デクの個性が次々と奪われることとなれば、日本全土の崩壊は免れないでしょう。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|黒霧の意識消滅?白雲がヒーローとして活躍する

天空の棺から落下する相澤先生とマイクを救う形でワープを出現させた黒霧。

黒霧の素体となった白雲朧の人格が復活しているのではないでしょうか。

ただ、素体となった白雲自身は死亡しているという事なので、完全復活というよりは時間制限のある復活になると思われます。

白雲として相澤やマイクとともに再び、ヴィランと戦う姿が描かれると思われます。

最後のあがきで死柄木が暴れる寸前に、相澤先生たちとともに死柄木の目の前に現れる展開もあるのではないでしょうか。

>>ヒロアカ死亡キャラ一覧はこちら

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|尾白達とギャシュリーの戦闘が描かれる?

現在国立多古場競技場にいるはずの瀬呂・砂藤・尾白ですが、この3人の戦闘はまだ描かれていません。

その3人の相手として考えられるのが、KUNIEDAと一緒に名前が挙げられていたのがギャシュリーというヴィランです。

今までギャシュリーの詳細は判明していませんでした。

しかし最新話でギャシュリーらしき人物の姿が少し描かれています。

全身黒い服に身を包み、傘をさしているギャシュリーと思われる人物。

その足元は黒くなり、そこから気味の悪い顔をした赤ん坊のような姿のものが湧き出しているようです。

それに対抗する尾白とリュウキュウの姿がありました。

各地のヴィランが制圧されており、いよいよギャシュリーとの戦いが描かれると思われます。

また轟の荼毘確保の連絡が共有された際の、表情を見せず無言だった瀬呂の反応の理由も気になるところです。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|ギャシュリーの個性

国立多古場競技場でヒーローとの戦いを繰り広げているギャシュリー。

ギャシュリーは、エドワード・ゴーリーの作品『ギャシュリークラムのちびっ子たち』がっモデルになっていると思われます。

この作品では、アルファベット26文字それぞれを頭文字とするこどもたちの死が、完結に文章で書かれています。

最新話で見たギャシュリーの姿は、絵本のキャラクターと合致するものがあり足元には不気味な子どもの姿がありました。

それぞれの不気味な子どもたちに触れられることで、何らかの現象を受けてしまうのではないかと思われます。

>>爆豪勝己の生死をネタバレ考察!

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|少年の存在

スターアンドストライプによって、死柄木の裡にいる”少年”の存在が確認されました。

やはり”少年”はまだ消えてはいなかったのです。

駆動の作戦によって今後、その”少年”が再び表に出てくる可能性が高くなりました。

死柄木の核であるその”少年”を救い出すことで、死柄木を弱体化もしくは戦闘不能にすることができるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|死柄木の新しい能力

オール・フォー・ワンと同様に複数の個性を奪って使用できる死柄木。

そんな死柄木はとうとう触れることなく個性を奪える段階に到達しています。

寸前のところで触れられることを回避したはずのデクから、”危機感知”を奪い取った死柄木。

これが常時可能となれば、デクにとって最大のピンチであることに違いありません。

国土の崩壊を防ぐためにも死柄木との距離を開けないほうが有効です。

ただこの状態では距離を取ったうえでの戦いを強いられることとなるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|爆豪の個性が覚醒する

瀕死になる寸前と復活したばかりの爆豪の目の様子が、普段の目と違う描かれ方をしていました。

生死の狭間での戦いを受け、覚醒したお茶子のように爆豪も個性が覚醒しているのではないかと考えられます。

土壇場の状況で見せたオール・フォー・ワンの顔面爆破。

もともと持っている高い戦闘センスに加え、自らの個性の弱点までもカバーすることで大きな破壊力をもつ攻撃へと繋げています。

自らがとなえたタイミングでの爆破ができるようになっている可能性も見せてくれています。

無限の可能性を見せてくれている爆豪。

まだまだ覚醒した力を見せてくれるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|オールマイトが死亡する?

オールマイトはオール・フォー・ワンへの有効な攻撃を与えるため、自らを巻き込んだ自爆を行いました。

爆発するアイテムと思われるアームウォーマーのようなものは、ステインが自爆した際のものと似ているように見えます。

オールマイトはすでに体の状態がボロボロな上での自爆。

個性もない、サポートアイテムもない状態での爆発はオールマイト自身にとって大きなダメージとなります。

”緑谷の中でのOFAの面影が一足先に別れを告げた”という表現があり、緑谷の覚悟を表したものと思われますが、オールマイトの死亡を予感させるものとも取れます。

決死の覚悟の爆発を行ったオールマイトは、その後死亡してしまうの可能性があるのではないでしょうか。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|緑谷VS死柄木

オールマイトとオール・フォー・ワンの戦いと並行して繰り広げられていた緑谷と死柄木の戦い。

オール・フォー・ワンの接近により二人の戦いに変化がありそうです。

死柄木は個性の覚醒により、ものに触れることで崩壊を伝播させてしまうため、地面に降り立たせることは避けたいところです。

空中での戦いが周りへの崩壊伝播を唯一防げることですので、緑谷は常時”浮遊”を使用しての戦いを行っています。

死柄木自身はオール・フォー・ワンによる精神の侵食を受けていました。

しかしオール・フォー・ワンの泥ワープを拒絶することで、それから逃れたことが確認できています。

今後、オール・フォー・ワンからの譲渡が完了してしまった場合、緑谷は厳しい戦いを迫られることになるでしょう。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|映画登場キャラも参戦する?

最終決戦の状況を見る人々の中に気になる人物が複数いました。

映画「ワールド ヒーローズ ミッション」に登場したロディの弟ロロと妹ララ。

映画「ヒーローズ ライジング」に登場した真幌と活真。

映画「2人の英雄(ヒーロー)」に登場したメリッサ。

そして再び始まったオールマイトとオール・フォー・ワンの戦いをモニターで見守るメリッサが登場しました。

メリッサの父親はオールマイトの元相棒で、メリッサ自身は無個性ですがサポートアイテムの開発をしています。

現在使用しているアイテムもメリッサが準備したものではないでしょうか。

メリッサの登場により、そのほかの映画キャラも登場する可能性が高いと思います。

ロディ自身も強力な個性を持っていませんが、映画の中で語っていた夢を叶え飛行機に乗って登場するのではないでしょうか。

>>ヒロアカ映画キャラ一覧はこちら

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|世界のヒーローが参戦する?

報道記者の中継により、さらに多くの人々に最終決戦の様子が配信されています。

スターアンドストライプの参戦・敗北の後に共に戦っていた仲間も声をあげていました。

各国の政府が死柄木やOFAに恐れをなしている中ですが、スターのように自らの意志で参戦する世界のトップヒーローも出てくるのではないでしょうか。

本誌の中ではほとんど世界のヒーローは登場していませんが、映画の方で数人登場しています。

そして現在、無個性の状態ながらもオール・フォー・ワンと戦うオールマイトの姿もあります。

オールマイトが言う”縁”がつながり、本誌・映画で登場したプロヒーローの共闘が見られるのではないでしょうか。

>>ヒロアカ最強キャラランキングはこちら

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話の考察|デクの父親が登場する

海外ヒーローへの応援要請や、日本で繰り広げられている戦いの様子が海外にも発信されている現在。

それによる影響が少しずつ出てくると考えられます。

その一つとして海外に出張中とされるデクの父親、緑谷久の登場があるのではないでしょうか。

本作ではほとんど情報が出ていないキャラですが、出張先でもこの戦いについて報道されているはずです。

そしてその中心に自分の息子がいるわけですから、行動を起こす可能性が高いです。

>>死柄木弔が強すぎる個性はこちら

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!

ヒロアカ416話最新話の内容が判明致しましたら、ネタバレ最新話確定速報としてお伝えしていきます。

また次週休載の情報が出ていますので、続きは3月11日発売の15号となるようです。

水曜日前後に内容が判明致しますのでそれまでの間、ブックマーク等をしてチェックしてみて下さい。

 

ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!まとめ

これまで「ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!えりちゃん登場!爆豪たちが再び戦闘へ!」のテーマでお伝えしました。

死柄木への確実なダメージが与えられたことで、流れをものにしたデク達。

このまま少年の沈む場所に行きつくことができるのでしょうか。

エリちゃんが再登場したことにより、新たな動きがうまれそうですね。

居場所が不明になっているキャラや、まだ戦いでの活躍が描かれていないキャラもいます。

それらの登場についても楽しみですね!

今後のさらなる展開に注目です!

以上「ヒロアカ416話ネタバレ最新話確定速報!えりちゃん登場!爆豪たちが再び戦闘へ!」と題してお届けしました。