本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

呪術廻戦

呪術廻戦249話ネタバレ確定!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!

呪術廻戦249話ネタバレ最新話確定速報!余裕の笑みを浮かべる宿儺!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!

2024年2月5日(月)発売の週刊ジャンプ(10号)に掲載している呪術廻戦249話のネタバレ確定をお届けします。

前回の呪術廻戦では、処刑人の剣を託された虎杖でしたが、寸前のところで術式が解けてしまい攻撃を宿儺にあてることができませんでした。

すぐさま攻撃を仕掛けてくる宿儺により虎杖は顔を切り裂かれてしまいます。

しかし宿儺はそんな虎杖のある変化に気が付きます。

斬撃をうけ負傷しているはずの虎杖の腹の傷が全快していたのです。

なんと虎杖は決戦までの1か月で反転術式を習得していたのでした。

宿儺は明確に皆殺しを宣言し、総則追加を行います。

その内容は「天元による人類との超重複同化の発動条件は伏黒恵が持つこととする」というものでした。

改めて宿儺の狂気が術師たちに襲い掛かろうとしたその時、乙骨とリカが登場したのでした。

それでは早速、「呪術廻戦249話ネタバレ確定!余裕の笑みを浮かべる宿儺!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!」と題してお届けしていきます。

 

呪術廻戦249話ネタバレ確定!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!

呪術廻戦249話の内容が判明しましたので、ネタバレ確定としてお伝えしていきます。

ここからは呪術廻戦249話までのネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

呪術廻戦249話ネタバレ確定|総則追加は羂索が行っていた

場面は乙骨が羂索の首を斬りおとした描写に戻ります。

羂索を討ち取ったことにより、支配を失った呪霊操術の暴走が起こっていました。

それに対処する乙骨とリカ。

その混乱に乗じてまだ意識のある羂索は自ら、総則追加を行ったのです。

すでに宿儺との継承の儀も済ませてあったため、スムーズな継承となったようです。

そして宿儺が体に取り込んだものの正体も、羂索の体から放たれた天元だったことが確認されました。

その後、乙骨により羂索はとどめをさされたようです。

 

呪術廻戦249話ネタバレ確定|乙骨覚悟の領域展開

自らの行動に対し、後悔の念を抱く乙骨。

宿儺との戦いを繰り広げながら、宿儺への継承が行われたことに対し責任を感じているようです。

そしてそれを戦いの糧とするように、乙骨が領域を展開します。

乙骨の領域には複数の剣がいたるところに突き刺さり、それを使って戦闘が可能のようです。

それに対し、宿儺は彌虚葛籠(いやこつづら)を展開します。

しかし乙骨はさらに宇守羅彈(うすらび)を放ち、宿儺の彌虚葛籠を破壊するのでした。

その攻撃により宿儺は顔に傷を負います。

 

呪術廻戦249話ネタバレ確定|乙骨と虎杖の狙い

どうやら乙骨の領域には、天使の術式が必中術式として付与されているようです。

それに対応する策として彌虚葛籠を使わせることで、宿儺の半分の腕と口を封じることが狙いなのではと予想する宿儺。

さらに領域内では乙骨が無制限に術式模倣が可能であると理解します。

そしてその領域内には虎杖の姿も確認されました。

どうやら乙骨の攻撃に便乗して、虎杖は何かを狙っているようです。

その状況に宿儺は、自身と伏黒を引きはがすことが狙いなのだと感じ取るのでした。

>>次回の呪術廻戦ネタバレはこちら

 

呪術廻戦249話ネタバレ確定!まとめ

これまで、「呪術廻戦249話ネタバレ確定!余裕の笑みを浮かべる宿儺!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!」のテーマでお伝えしました。

乙骨が領域展開を見せましたね。

一気に決着をつけたい気持ちがひしひしと伝わります。

逆に言うとここで仕留められなければ、最悪な状況が待っていることになります…

伏黒を取り戻すための作戦が開始されたこの状況。

虎杖の活躍がやっとみられるのでしょうか!

虎杖自身覚醒しつつあるので、宿儺との戦闘に期待です。

さらなる今後の展開が楽しみです!

それでは今回は、「呪術廻戦249話ネタバレ確定!余裕の笑みを浮かべる宿儺!乙骨が領域展開で宿儺に挑む!」と題してお届けしました。