本サイトは、商品プロモーションが含まれています。

呪術廻戦

呪術廻戦250話ネタバレ確定!乙骨の領域について明かされる!捌の攻撃が宿儺を襲う!

呪術廻戦250話ネタバレ最新話確定速報!乙骨の領域について明かされる!捌の攻撃が宿儺を襲う!

2024年2月12日(月)発売の週刊ジャンプ(11号)に掲載している呪術廻戦250話のネタバレ確定をお届けします。

前回の呪術廻戦では、はじめに乙骨と羂索の最後の攻防が描かれていました。

羂索の首を討ち取ったことにより、呪霊操術から逃れた呪霊が暴走し乙骨を襲います。

その混乱に乗じ、羂索は自ら天元との超重複同化の発動権を”伏黒恵”に譲渡したのでした。

場面が戻り、宿儺と対峙する乙骨。

現状を見て作戦実行の自らの行動に後悔の念を抱きますが、宿儺の戦い方を冷静に分析しながら戦います。

そして羂索を一発で仕留められなかったことに責任を感じる乙骨は、領域展開を行うのでした。

その領域内に虎杖も加わり、二人が狙うのは伏黒の肉体から宿儺を引きはがすこと!

果たしてこの戦いの行方は!

それでは早速、「呪術廻戦250話ネタバレ確定!乙骨の領域について明かされる!捌の攻撃が宿儺を襲う!」と題してお届けしていきます。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察

呪術廻戦250話ではどのような展開が繰り広げられるのでしょうか。

呪術廻戦250話以降考えられる展開を考察していきます。

ここからは呪術廻戦250話までのネタバレを含みますのでご注意下さい

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察|乙骨の領域展開

乙骨がみせた領域展開”真贋相愛”。

その領域内には複数の剣がいたるところに突き刺さり、殺伐とした雰囲気を感じられます。

そしてその領域を囲うように見えるのは、ご祝儀袋で見る「あわじ結び」。

なんとも歪な印象をうけます。

宿儺は領域に対し、乙骨が無制限に術式の模倣が可能となると予想しています。

実際に天使の術式と、烏鷺の術式を使用し宿儺に攻撃を仕掛けている様子が見られました。

乙骨の”模倣”の条件が「術式を見て理解している」「術式を受けたことがある」等であれば、五条の術式も使用可能になるのではないでしょうか。

そうなると勝機が少しは見えてくるかもしれません。

気になる点とすれば、上空の「あわじ結び」です。

この結びには「末永く」という意味のほかにも「今回限りという想い」が込められているものです。

この「今回限り」というのが、領域展開”真贋相愛”に該当する可能性があります。

 

呪術廻戦250話ネタバレ確定!

呪術廻戦250話の内容が判明しましたので、ネタバレ確定としてお伝えしていきます。

ここからは呪術廻戦250話までのネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

呪術廻戦250話ネタバレ確定|乙骨の領域について

乙骨の領域”真贋相愛”について明かされました。

  1. 模倣しストックしている術式の中から、1つ選び必中術式として結界に付与することができる。
  2. 必中術式となった術式以外の術式は、領域内に存在する刀にランダムで付与されている。
  3. 刀に宿る術式は乙骨だけが使用が可能。ただしどの術式が付与されているかは手にするまで分からない。
  4. 一度術式が発動された刀は消滅する。刀の本数に制限はない。

領域内には虎杖の他に、リカも一緒に戦っている姿が確認されました。

 

呪術廻戦250話ネタバレ確定|使えない術式がある?

乙骨は必中術式として、天使の”邪去侮の梯子”を使っているようです。

そしてそれ以外の術式として使用しているのは、

  1. 空間を面で操る術式
  2. 式神の軌道に不可侵の結界をはる術式
  3. 呪言
  4. 未来予知?

となっています。

これらの攻撃を受け、宿儺は無下限呪術の使用の可能性を考えます。

しかし無下限呪術は六眼なしの状態では使えないと判断するのでした。

 

呪術廻戦250話ネタバレ確定|捌の攻撃を受ける宿儺

乙骨の領域から繰り出される様々な術式。

次どの術式が発動するかわからない状況の中、宿儺は冷静に対応しています。

それに対し乙骨は攻撃の手を緩めることのなく、どんどん攻撃を繰り出します。

そしてある術式が備わった剣を乙骨は引き当てました。

空間を面で操る術式を発動させつつ、その隙間から剣を宿儺向かって刺しこみます。

それは片手で止められてしまいますが、そのまま乙骨が口にした術式は”捌”。

初見であれば宿儺にも隙ができると考えた乙骨。

見事に”捌”は宿儺にダメージを与えるのでした。

>>次回の呪術廻戦ネタバレはこちら

 

呪術廻戦250話ネタバレ確定!まとめ

これまで、「呪術廻戦250話ネタバレ確定!乙骨の領域について明かされる!捌の攻撃が宿儺を襲う!」のテーマでお伝えしました。

乙骨の領域について明かされました。

ランダムとはいえ模範を継続的に使える上に、必中術式を1つ設定できるのは相当強いと思います。

それと同時に魂に直接干渉できる虎杖の拳。

この二人で伏黒を呼び起こしてほしいところです。

ただ宿儺も黙ってやられるとは思えないので、まだまだ油断できない状況ではありますが…

さらなる今後の展開が楽しみです!

それでは今回は、「呪術廻戦250話ネタバレ確定!乙骨の領域について明かされる!捌の攻撃が宿儺を襲う!」と題してお届けしました。